日本古来の手打の味 四國うどん

  • 河北本店
  • 石津寝屋川店

かつ辰

  • 本店
  • 交野店

窯火堂

  • 河北本店

カルビ屋大福

ブログ

かつ辰の茶碗蒸しは四國うどんとのコラボレーション!

かつ辰本店で今月から販売を開始した「茶碗むし」をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この茶碗蒸しに使う「だし」と「うどん」は、四國うどんで使っている物を使用しています。

ダシは四國うどんの自慢の出しです。やっぱり茶碗蒸しの味を決めるのは出しの味です。

茶碗のなかには、うどんが入った具沢山です。

一般的にうどんが入った茶碗蒸しを「おだまき蒸し」と言います。

昔は高給料理の一つで、ハレの日のご馳走だったそうです。

なんせ、卵はとても貴重品なので日常の食事には出てこなかったそうです。

そんな卵をたっぷりと使い、具沢山のおだまき蒸しは本当に贅沢だったんでしょうね。

私の実家は小さい頃からこの「おだまき蒸し」でした。5人兄弟の7人家族なので、

少しでもお腹が一杯になるようにと考えていたんだろうと思います。

大人になるまで、茶碗蒸しにはうどんが入っているものだと思っていました。

お店で食べる茶碗蒸しには、うどん入りを見る機会が少ないので、

どこか懐かしい感じがする一品です。

 

 


カテゴリー: かつ辰-スタッフブログ   パーマリンク